住宅ローンが残っている不動産売却の鍵を握るのは抵当権

マイホームを購入するにあたって、住宅ローンの借り入れをするというケースは多いはずです。住宅ローンを組んでマイホームを購入して返済の真っ最中。でも諸事情でその住宅を売却する必要に迫られた場合、売ることは可能でしょうか?結論から言いますと、住宅ローンの残債があっても売却は可能です。

 

ただし住宅ローンがまだ残っている物件を売却するときには、一つ注意すべきことがあります。それは抵当権の問題です。住宅ローンを融資している金融機関は、皆さんの不動産に対して抵当権を設定しているはずです。もし皆さんが住宅ローンの返済ができなくなったら、債権回収するために担保として不動産を押さえる行為です。

 

この抵当権が付いたままの状態で、不動産売却することは可能です。しかし抵当権付で売却されますので、だれが所有していてもローンの返済が滞ってしまうと住宅は差し押さえられてしまいます。そのようなリスク付きの物件を購入したいと考える人はまずいません。

 

そこで不動産売却する前に、抵当権を抹消すべきです。抵当権抹消するためには条件があって、住宅ローンを完済することです。不動産売却して、購入代金を買い手から受け取ります。その受け取った代金を住宅ローンの債権者たる金融機関に入金することで、住宅ローンを完済にして抵当権を抹消してもらえばいいわけです。

 

ただし場合によっては、売却価格が自分のローン残債よりも少なくなる事態もあり得ます。その場合、ローン残債から不動産売却代金を差し引いた額は自分で返済していかないといけません。その他には借換えをするなどの対処をする必要があります。少しでも高く売却したいのであれば、イエイ不動産売却査定を利用してください。日本全国1000社の不動産会社が参加しているので、高額売却できる業者も見つかりやすいです。

イエイ不動産売却査定

さっそくイエイ不動産売却査定で査定してもらう

イエイ不動産売却査定公式ホームページへ