賃貸中に不動産売却をする場合には3つのパターンがある

所有している不動産をほかの誰かに貸し出している状態で、不動産売却を検討している人はいませんか?結論から言いますと、賃貸人がいる不動産物件でも売却査定は可能です。イエイ不動産売却査定を使って一括査定を行い、より高値を付けてくれた不動産会社での売却を検討してください。

 

賃貸人がいる不動産物件の売却には、3つのパターンがあってそれぞれで状況は異なります。
まずは単純にオーナーチェンジをして賃貸人はそのままというケースです。買主はこの場合、居住目的というよりも投資目的で購入するパターンとなります。このような場合、別に大きな問題が生じる可能性は低いので、通常の売却手順に沿って手続きを進めてください。

 

2つ目のパターンは、現在の賃貸契約を終了させてから売却するパターンです。賃貸契約には2種類あって、一般借家契約の場合には部屋を借りている人の同意を得ないといけません。所有者側の都合なので、不動産会社などを使ってしっかりと住人と交渉する必要があります。場合によっては、引っ越し代などの負担を強いられる可能性もあります。

 

もう一つの契約方式として、定期借家契約があります。定期借家契約は契約の期限が満期になれば、退去してもらうことが可能なので、それほど大きなトラブルにはならないはずです。契約切れがもう少しという所で査定を受けるようにしてください。

 

最後の不動産売却のパターンとして、賃貸契約の最中に売りたいというケースがあります。これは少し厄介で、賃貸住人に引っ越してもらわないといけないからです。契約内容と住人が納得してくれないのであれば、裁判に発展する恐れもあります。信頼できる不動産会社に依頼すれば、取り扱いになれていると思われます。そのような所にお任せすれば、スムーズに問題が解決できる可能性もあります。

イエイ不動産売却査定

さっそくイエイ不動産売却査定で査定してもらう

イエイ不動産売却査定公式ホームページへ