不動産の売却価格や相場はどうやって決まる?仕組みを解説

不動産売却を希望する場合、不動産会社に依頼して物件の査定をしてもらいます。その上で売り出し価格を決めるわけですが、販売価格がどのようにして決められるのか疑問に感じませんか?不動産の売却金額を決めるにあたって、不動産会社では主に2種類の方法で計算します。

 

最も一般的な方法は、取引事例法という方法を活用するやり方です。取引事例法とは、皆さんが所有している不動産と似た物件の過去の取引事例を見つけて、取引価格の相場を決めていくという方式です。どの程度の金額であれば、妥当に売却できるかをベースにして判断します。

 

もう一つの方法は、収益還元法という方法に基づく計算方法です。収益還元法とは、皆さんの不動産が生み出してくれるであろう利益からその時点における不動産の価値を算出する方法です。都心にある物件や投資用物件の査定をする際に使われるやり方です。

 

イエイ不動産売却査定では一括査定といって、複数の不動産会社に物件の基本的な情報を伝え査定してもらうサービスを実施しています。なぜ実際に物件を見なくても査定ができるかというと、上のような方法を使えば基本的な情報で見積もりできるからです。
ただし不動産会社の提示した査定金額で必ずしも売却しないといけないというわけではありません。取引事例法などを使った場合、売主の事情などは一切考慮されないからです。

 

人によって、とにかく安くてもいいから早く不動産を処分したいという人もいます。逆に時間をかけてでも自分が納得できる金額でなければ売却しないという人も見られます。このような個人的な事情も考えて、最終的にどのような金額で売り出すかを決めます。

イエイ不動産売却査定

さっそくイエイ不動産売却査定で査定してもらう

イエイ不動産売却査定公式ホームページへ